share

900 Super Sport Desmo (1975 – 1982)

900スーパースポーツ・デスモは750cc エンジンの進化モデルであった。

最初に生産された900 Supersportは 1975年終わり頃に発売された。

900 SSD ダーマは、元ドゥカティライダーであったレオポルド・タルタリーニによるモデルチェンジから生み出された。

900 SSDダーマはレッドカラーバージョンも登場した。

ダーマの最終モデルは’80年代初頭に生産されたものだ。

 
 

750 GT、スポーツ、スーパースポーツデスモといった最初のラウンドケース2気筒モデルたちが登場した後も、750ccを超える大型日本車と互角に戦えるスーパースポーツバイクがドゥカティには無かった。そしてその"不足"を補うべくDucati 900スーパースポーツの開発が行われた。

当初ドゥカティは、ジウジアーロのデザインによる"ツーリスト"モデル860 GTを開発したが、一般にはあまり受け入れられなかった。ところが一方で華麗な750 SSデスモの販売が好調であったことから、さらに強力なスポーツモデル、900スーパースポーツの投入を決定する。
もともと750 GTで開発されたL型2気筒の進化モデルであった860ccエンジンに、より角ばった形状の新デザインクランクケースが採用された。

900 SSはその生涯を通してモデルチェンジはほとんど行われなかったが、燃料タンクとホイールが軽合金製となり、クラシックカラーのシルバー/エレクトリックブルーに加えゴールド/ブラックカラーが発売されている。

1980年代初頭にかけてスーパースポーツモデルラインの見直しが図られ、 "Darmah(ダーマ)"シリーズが登場した。残念ながらこのシリーズはあまり成功しなかったのだが、それは待望のマイク・ヘイルウッド・レプリカが1979年に発売開始されたからでもあった。

 

功績

1973年 モンジュイ24時間レース優勝
カネヤス (Canellas)/グラウ (Grau)
1975年 モンジュイ24時間レース優勝
カネヤス (Canellas)/グラウ (Grau)
1978年 Sterreich Osk Cupチャンピオン
ウォルフシュルッカー (Wolfschlucker)
1980年 モンジュイ24時間レース優勝
モヨール (Mallol)/タヘード (Tajedo)
1980年 アルゼンチンMaxi Moto選手権チャンピオン
リカルド・カミッロ・ガルシア (Ricardo Camillo Garcia)
1981年  モンジュイ24時間レース優勝
グラウ (Grau)/デ・フォアン (De Juan)

テクニカルデータ

  • エンジン

  • トランスミッション

  • シャーシ

イベント/キャンペーン

ディーラー

アパレル