share

TT2

600 TT2はトレリスフレームが初めて搭載されたドゥカティレースマシンだった。

トニー・ラッターは600 TT2で最多勝利を果たしたライダーである。特にツーリスト・トロフィーとアルスターGP で複数回優勝を飾っている。

ムジェロサーキットでスタートグリッドに並ぶ2台のDucati 600 TT2。

 
 

1981年パンタシリーズをベースに開発されたレース用2気筒はTT2として知られる。約7キロの超軽量フレームを採用。フロントにはマグネシウムスリーブのMarzocchi製フォーク、リアサスペンションにはPaioli製シングルユニットのカンチレバー式モノショックアブソーバーを搭載していた。さらにCompagnolo 18インチ超軽量合金製ホイールも特筆すべきだ。ただしフロントホールは後に16インチに変更された。またフロントブレーキは、Brembo Ø 280mmダブルディスクブレーキシステムを採用し、エンジンはレギュレーションの排気量リミットぎりぎりの597ccであった。長身ライダーが乗り難くなるほど軽量コンパクトを徹底的に追究したTT2は、流線型のフェアリングが装着され、燃料タンクはフレームパイプに挟まれる形で固定されていた。

この間レースでは、イギリス人ライダ-、トニー・ラッターがパンタ500 SLに駆りツーリスト・トロフィー優勝を飾っていた。そして世界タイトル獲得の可能性を残していたラッターがアルスターGPを戦うために、ドゥカティはTT2を彼に託す。結果トニーは2位に入り、見事世界タイトルを手にした。またシーズン最後にはマッシモ・ブロッコリがイタリアTT2タイトルに輝いている。1982年のTT2シリーズでは、ヴァルター・クッシーがイタリア選手権タイトルを獲得し、ラッターが再び世界チャンピオン制覇を成し遂げた。さらに数ある勝利の中でTT2は、マン島レースの1位2位独占も果たしている。その後クッシーは再度イタリア選手権タイトルを獲得、ラッターは1984年またも世界チャンピオンに輝くのだ。

 

功績

1981年 TT2世界チャンピオン
トニー・ラッター (Tony Rutter)
1981年 TT2世界チャンピオン
コンストラクターズチャンピオンシップ
1981年 イタリアTT2ジュニアチャンピオン
マッシモ・ブロッコリ (Massimo Broccoli)
1981年 イタリアTT2ジュニアチャンピオン
コンストラクターズチャンピオンシップ
1981年 イタリアTT2 Enduranceチャンピオン
ペルジーニ (Perugini)/リッチ (Ricci)
1981年 イタリアTT2 Enduranceチャンピオン
コンストラクターズチャンピオンシップ
1981年 イタリアマウンテンTT2チャンピオン
マウロ・ピアーノ (Mauro Piano)
1981年 イタリアトロフィーTT - TT2ジュニアチャンピオン
アメリゴ・サルタレッリ (Amerigo Saltarelli)
1981年 TT2世界チャンピオン - マン島
トニー・ラッター (Tony Rutter)
1982年 バトル・オブ・ザ・ツインズGP2優勝 - アメリカチャンピオン
ジョーイ・ミルズ III ( Joey Mills III )
1982年 バトル・オブ・ザ・ツインズGP1優勝 - アメリカチャンピオン
ジェームス・アダモ (James Adamo)
1982年 TT2世界チャンピオン
トニー・ラッター (Tony Rutter)
1982年 TT2世界チャンピオン
コンストラクターズチャンピオンシップ
1982年 イタリアTT2 Enduranceチャンピオン
タルドッツィ (Tardozzi)/ロッシ (Rossi)
1982年 イタリアマウンテンTT2チャンピオン
マウロ・ピアーノ (Mauro Piano)
1982年 イタリアTT2チャンピオン
ヴァルター・クッシー (Walter Cussigh)
1982年 TT2チャンピオン - マン島
トニー・ラッター (Tony Rutter)
1983年 TT2世界チャンピオン
トニー・ラッター (Tony Rutter)
1983年 イタリアTT2ジュニアチャンピオン
ヴァルター・クッシー (Walter Cussigh)
1983年 イタリアTT2ジュニアチャンピオン
コンストラクターズチャンピオンシップ
1983年 イタリアTT2 Enduranceチャンピオン
ベッケッティ (Becchetti)/デ・チェッコ (De Cecco)
1983年 TT2チャンピオン - マン島
トニー・ラッター (Tony Rutter)
1983年 イギリスTT2チャンピオン
グラハム・マクレガー (Graham McGregor)
1984年 TT2世界チャンピオン
トニー・ラッター (Tony Rutter)
1984年 イタリアTT2ジュニアチャンピオン
ファビオ・バルケッタ (Fabio Barchetta)
1985年 TT2チャンピオン - マン島
トニー・ラッター (Tony Rutter)

テクニカルデータ

  • エンジン

  • トランスミッション

  • シャーシ

ディーラー

アパレル

ニュースレターにぜひ登録を!最新の情報をいち早くお届けします

Eメールをご登録いただくと、ドゥカティの最新情報やプロモーションをいち早くお受け取りいただけます。登録はいつでも完了できます。Ducati.comでプロファイルを設定すると、すべての機能をフル活用できるようになります。
個人情報の保護に関わるイタリア共和国政令第196/2003号第13条および第7条に基づく告示を読み、

所定の目的により私のEメールの取り扱いが行われることに同意します。

メールアドレスを入力してください