Andrea Dovizioso

 
share
 
 

Biography

2016年、アンドレア・ドヴィツィオーゾはDucatiチームカラーで4年連続MotoGP世界選手権に参戦します。 イタリアのロマーニャ地方出身の30歳のレーサーは、Desmosediciバイクの開発に多大な貢献をしました
Year by Year
2015:
MotoGP 世界選手権 (Ducati) - 7 位
2014:
MotoGP 世界選手権 (Ducati) - 5 位
2013:
MotoGP 世界選手権 (Ducati) - 8 位
2012:
MotoGP 世界選手権 (Yamaha) - 4 位
2011:
MotoGP 世界選手権 (Honda) - 3 位
2010:
MotoGP 世界選手権 (Honda) - 5 位
2009:
MotoGP 世界選手権 (Honda) - 6 位
2008:
MotoGP 世界選手権 (Honda) - 5 位
2007:
250cc クラス世界選手権 (Honda) - 2 位
2006:
250cc クラス世界選手権 (Honda) - 2 位
2005:
250cc クラス世界選手権 (Honda) - 3 位
2004:
125cc クラス世界チャンピオン (Honda)
2003:
125cc クラス世界選手権 (Honda) - 5 位
2002:
125cc クラス世界選手権 (Honda) - 16 位
2001:
ヨーロッパ選手権 125cc クラス (Aprilia)
チャンピオン、イタリア選手権 125cc クラス (Aprilia) - 4 位
2000: イタリア Aprilia Challenge 125cc
チャンピオン、イタリア ミニバイク選手権 - 2 位
1999:
イタリア ミニバイク選手権 - 2 位
1998:
イタリア ミニバイク - チャンピオン
1997:
イタリア ミニバイク - チャンピオン
1996:
イタリア ミニバイク選手権 - 2 位、イタリア ミニ モトクロス選手権 - 3 位
1995:
イタリア ミニバイク選手権 - 3 位
1994:
イタリア ミニバイク選手権 - 5 位
アンドレアはフォルリンポーポリで 1986 年 3 月 23 日に生まれ、父親が週末に参加したモトクロスレースを見て、モーターサイクルへの情熱が高まり始めます。まだ 4 歳の頃、父親はミニバイクをプレゼントして驚かせ、7 歳になるまでにアンドレアはアスファルト上、泥の中でののレースに挑むようになっていました。1997 年に 2 つのミニロードレースタイトルに参加し、1998 年には優勝という栄光を初めて味わうことになります。

アンドレアは 2002 年に Aprilia Challenge で 125cc クラスに参戦し、すぐにチャンピオンを獲得。1 年後、ヨーロッパ選手権 125cc クラスで優勝しトロフィーを獲得、ハンガリーでも 2 回優勝します。その年、アンドレアはイタリア国内選手権で 4 位を記録、イタリア グランプリ入りを果たします。2002 年、Honda のマシンで Scot チームと共にレースに参戦、125cc クラスでは 16 位に終わります。2003 年、チラノ・ムラローニ率いるチームに引き続き在籍し、南アフリカでは最前列を獲得し、自己記録となる GP 初準優勝を記録、表彰台に上がります。初のポールポジションはフランスで、レースでは 3 位を獲得しました。英国と日本で 2 度表彰台に上がり、ドヴィは総合 5 位を収めます。そしてフランス、英国、日本、オーストラリアでの優勝に続いて 2004 年、南アフリカで初のチャンピオンを獲得します。表彰台を 6 回、ポールポジションを 8 回獲得し、世界タイトルが後押しします。

アンドレアは 125cc クラスで彼を優勝に導いたチームと共に 2005 年、250cc クラスに参戦します。表彰台に 5 回上がり、シーズン成績は 3 位で終わりました。2006 年、カタルーニャで自己記録の 250cc クラス優勝を果たし、最終レースから 1 つ手前のポルトガルでは表彰台で準優勝を飾りました。その年には表彰台に 11 回、ポールポジションに 2 回立ち、準優勝のポジションへと導きます。2007 年、その結果を繰り返し、トルコ、英国でも優勝、8 回表彰台に上がり、2 度ポールポジションに着きました。

2008 年、スコットチーム Honda と共にアンドレアは次に MotoGP にステップアップし、カタールで 4 位を飾り、プレミアムクラスのキャリアをスタートさせます。常に安定した走りが成功に導き、新人シーズンは、上位 5 位入賞を 9 戦連続で勝ち取り、マレーシアのセパンで初の表彰台を経験します。2009 年ホンダ・レーシングがファクトリーチームとしてアンドレアを採用し、彼の潜在能力は開花する。雨の中の英国のグランプリで優勝しシーズンを総合 5 位を記録します。ドヴィは 2010 年、さらに良い結果を出し、準優勝を 3 回飾り、日本で初のポールポジションを獲得します。ペデロサとストーナーのチームメートとともに、Honda との 3 シーズン目を迎えたアンドレアは上位 5 位入賞を 15 回連続で達成し、7 回表彰台に上がるという目覚ましい結果を残しました。ドヴィは総合 3 位を果たし、最高峰クラスで自己最高記録を達成しました。

10 年在籍した後、2012 年、ドヴィツィオーゾは Tech3 Yamaha に移籍します。それは MotoGP が 800cc から 1,000cc エンジンに移行したのと同時期でした。クラッチローと同じチームで、ファクトリーレベルには届かないまでも、その輝きを保ち、上位 3 位入賞を連続で 6 回達成し、14 回のレースで上位 5 位入りを果たします。総合 4 位、3 度最前列からスタートを切り、ノン・ファクトリーライダーとしては最高記録を残しました。

Ducati チームに移籍した最初の年、ドヴィツィオーゾはシーズンの終わりまでに競争力あるマシンに乗る夢を持ってレースに挑みましたが、その夢はかなわずフランスでは自己ベストの 4 位に終わり、ル・マンとムジェロでは 2 度、最前列でスタートを切りました。

2014年には喜ばしいニュースがありました。Ducatiコース技術ディレクターとして迎え入れたLuigi Dall'Ignaがチーム全体に新しい風を吹き込み、Doviziosoは以前のパートナーだったCrutchlowと共にようやく結果を残すようになりました。 シーズンの前半には2回表彰台に上り (オースティンとアッセン)、日本ではGP14でポールポジションを獲得しました。 シーズン終了時には、187ポイントで総合5位という優れた成績を収めました。

アンドレア・ドヴィツィオーゾは、3つのレースで3度2位を獲得し2015年シーズンをスタートしました。カタールでの開幕グラウンドでは、ポールポジションからスタートし、優勝に迫りました。 その後、ル・マンとシルバーストーンでも表彰台に上がり、総合7位でーズンを終えました。

Ducati Team

Next Race Countdown

7d : 15h

年齢: 30 歳 (1986 年 3 月 23 日生)
出生地: フォルリンポーポリ、イタリア
居住地: フォルリ、イタリア
結婚歴: 独身
身長: 167 cm
体重: 67 kg

バイク: Ducati Desmosedici GP
レースナンバー: 04
GP 開始: 142 (MotoGP) + 49 (250cc) + 49 (125cc)
初参戦 GP: イタリア GP, 2001 年 (125cc)
優勝回数: 3 回 (MotoGP) + 4 回 (250cc) + 5 回 (125cc)
初 MotoGP チャンピオン: 英国 GP、2009 年
初 GP チャンピオン: 南アフリカ GP, 2004 年 (125cc)
初 GP ポールポジション: フランス GP, 2003 年 (125cc)
最速ラップ: 2 回 (MotoGP) + 8 回 (250cc) + 3 回 (125cc)
世界タイトル: 1 回 (125cc、2004 年)
ポイント: 1475 回 (MotoGP) + 721 回 (250cc) + 492 回 (125cc)

ディーラー

アパレル

ニュースレターにぜひ登録を!最新の情報をいち早くお届けします

Eメールをご登録いただくと、ドゥカティの最新情報やプロモーションをいち早くお受け取りいただけます。登録はいつでも完了できます。Ducati.comでプロファイルを設定すると、すべての機能をフル活用できるようになります。
個人情報の保護に関わるイタリア共和国政令第196/2003号第13条および第7条に基づく告示を読み、

所定の目的により私のEメールの取り扱いが行われることに同意します。

メールアドレスを入力してください