オーストリアGPでドヴィツィオーゾが優勝!年間ランキング2位に浮上。 ロレンソも4位フィニッシュ

 
share
Ducati Team

 
 
 
 
 
 
 
 
13 August 2017
2017 MotoGP第11戦のオーストリアGPがレッドブル・リンクで開催され、ドゥカティ・チームのアンドレア・ドヴィツィオーゾが印象的で記憶に残るパフォーマンスでこのレースを制した。予選2番手、フロントローからスタートを切ったドヴィツィオーゾは、常に先頭グループを走行しつつ、18周目に首位に立った。その後、一時的にマルク・マルケス(ホンダ)にオーバーテイクされたものの、22周目に再逆転。最終ラップの最終コーナーでは、マルケスが最後のアタックをかけてきたが、これを巧みに退けて首位のままチェッカーを受けた。

ドヴィツィオーゾは、これで今季3勝目。25ポイントを追加してランキング2位にポジションを上げた。首位のマルケスとは16ポイント差に迫っている。

ロレンソも素晴らしいレースを見せて4位でフィニッシュした。フロントローからスタートしたロレンソは、オープニングラップで首位を奪い、マルケスとドヴィツィオーゾを引き連れて周回。11周目までラップリーダーを務めたが、ドヴィツィオーゾにパスされた後、2台のホンダにもオーバーテイクされた。しかし、その後の追撃は許さず、着実に4位でチェッカーフラッグを受けた。ロレンソはこれで今季通算79ポイント。ランキング7位につけている。

第12戦英国GPは、2週間後の8月25~27日にシルバーストン・サーキットで開催される。

アンドレア・ドヴィツィオーゾ(Ducati MotoGPチーム #04) 1位
「クレイジーなレースだったが、週末を通して信じられないような展開だった。特に最終ラップの最終コーナーは、マルケスが最後のアタックをかけてくると予想していたので、冷静に対処できたと思う。マルクがコーナー出口で進路を塞いで来たら、僕は行き場所を失って彼に譲るしかないという難しい状況だった。しかし、何とか彼のアタックを退けて勝利を掴むことができた!自分のパフォーマンスだけでなく、チーム一丸となったマネージメントにも満足感を覚えている。タイヤチョイスが難しいサーキットだが、僕たちは完璧な選択をすることができた。レースも素晴らしく、チャンピオンシップでも差を詰められた。タイトルを狙う準備は整っている」

ホルヘ・ロレンソ(Ducati MotoGPチーム #99) 4位
「個人的には今季のベストレースだと思う。フロントローからスタートして、11周にわたって首位をキープできた。最終的にはウィナーとのタイム差も6秒ほどだった。3周目以降は燃料消費をコントロールするためにマップを変更したため、若干パワーを落とさざるを得なかった。おかげで、ストレートでライバルに大きく遅れを取ってしまった。リアタイヤの右側が消耗して、首位グループについて行けなくなった。だが、レース毎に状況が良くなっている。自信を持ってライディングできるようになっているうえ、マシン・ポテンシャルを引き出すこともできている。あとコンマ数秒で優勝を狙える位置に行けるので、満足すべき状態だ。今日は非常に難しいレースだったが、アンドレアは優勝にふさわしいパフォーマンスを見せてくれた。おめでとう!」

ルイジ・ダッリーニャ(ドゥカティ・コルセ・ゼネラルマネージャー)
「戦術的にも、タイトル争いの点で言っても、アンドレアは本当に素晴らしいレースを見せてくれた。最終ラップの最後のふたつのコーナーの戦いを制して掴んだ勝利だ。観ていた私もアドレナリンが体中を駆け巡った。ドヴィは素晴らしい仕事をした。完璧なレースだった。ホルヘも良い仕事をしてくれた。序盤の11周を首位で走行して、最終的に4位でフィニッシュした」

ディーラー

アパレル

ニュースレターにぜひ登録を!最新の情報をいち早くお届けします

Eメールをご登録いただくと、ドゥカティの最新情報やプロモーションをいち早くお受け取りいただけます。登録はいつでも完了できます。Ducati.comでプロファイルを設定すると、すべての機能をフル活用できるようになります。
個人情報の保護に関わるイタリア共和国政令第196/2003号第13条および第7条に基づく告示を読み、

所定の目的により私のEメールの取り扱いが行われることに同意します。

メールアドレスを入力してください