Ducati

Ducati

 
 

Chaz Davies

チャズ・デイビスは1987年2月10日にイギリス、ウェールズ地方のナイトン(Knighton)に生まれた。8歳の時からイギリスのミニバイク選手権に出場を始める。デイビスはすぐにその頭角を現し、参戦1年目を総合5位で終了すると、続く2シーズンで連続チャンピオンに輝いた。スーパー・ティーン・チャレンジに進んだデイビスは、2000年に総合2位を獲得して注目を集めた。翌年はイギリス選手権の125ccクラスにプライベートチームから参戦する一方で、マッテオーニ・レーシングチーム(Matteoni Racing)から世界選手権にも出場している。2003年に250ccクラスにステップアップし、2006年まで参戦を続けるも目立った結果は残せなかった。 2007/2008/2009年の3年間、デイビスはAMA選手権に参戦、2008年には伝統のデイトナ200マイルで優勝を果たしている。AMA選手権は欧州の選手権に比べてシーズンが終了するのを利用して、デイビスは2007年プラマック・ダンティーンチーム(Pramac D’Antin)からドゥカティに乗りMotoGPデビューを果たし、3レースに出場した。一方、2009年にはParkinGO BE1チームとスーパースポーツ世界選手権の数ラウンドにも出場している。このイタリアンチームと共に、デイビスは2010年総合4位を獲得すると、続く2011年には世界チャンピオンに輝く。 翌シーズン、デイビスと彼のチームはスーパーバイク世界選手権にステップアップすると、優勝1回に年間総合9位を獲得し、ルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)に輝いた。良い結果を出したことで、2013シーズンにワークスマシンに乗れるチャンスがやってくる。この年のチームメイトはマルコ・メランドリだった。デイビスはシーズンを総合5位で終えるが、表彰台トップも3回獲得した。 ドゥカティがスーパーバイク選手権に公式に戻ってきた2014年、チャズ・デイビスは1199 Panigaleワークスマシンをあやつる二人のライダーの一人に選ばれる。ドゥカティに乗って参戦1年目、デイビスは総合6位で選手権を終え、スーパーバイクPanigaleの競争力が上がってきていることを予感させた。その予想通り、翌シーズンはアラゴン(スペイン)の初優勝を皮切りに、ラグナ・セカ(USA)でのダブルウィン、セパン(マレーシア)とへレス(スペイン)での優勝と続き、年間総合2位を獲得した。続く2016年には、シーズン最後の6レースを含む合計11回もの優勝をドゥカティにもたらして年間総合3位に輝いた。

 

Prima immagine di gallery




Racing Statistics

Race Number 7
SBK races started 127
First SBK Race Australia 2012
Wins 21
First Win Nurburgring 2012
Pole Positions 4
Fastest laps 21
World Titles 1 (Supersport -2011)

 

Personal File

Age 30 (Born 10 February 1987 in Knighton, Wales) 
Residence Andorra;, AND
Marital Status Single
Height 183 cm
Weight 70 kg
Official Website N/A
Facebook Chaz Davies
Twitter @chazdavies
Instagram Chaz Davies 7