SBK第3戦のスペイン・ラウンドのレース1でデイビスが2位表彰台を獲得、メランドリは4位入賞

 
share
16 April 2018
2018スーパーバイク世界選手権(SBK)の第3戦となるスペイン・ラウンドが、4月14〜15日にモーターランド・アラゴンで開催された。金曜日のフリー走行から好調を維持したAruba.it Racing - Ducatiチームは、土曜日のレース1でデイビスが2位、メランドリが4位でチェッカーを受けた。デイビスは、前日のスーパーポールでクラッシュしたため、11番グリッドからのスタート。しかし、デイビスは(再スタートを含めて2回とも)、真骨頂でもある猛烈なスタートダッシュを決め、その後は徐々にトップグループに接近し、2位でフィニッシュした。

チームメイトのメランドリは、ポールポジションからスタートして、ファステストラップを記録。一貫して首位を走行していたものの、最終ラップのターン1で軽いブレーキトラブルに見舞われてわずかにコースアウト。4位でチェッカーを受けることになった。

ジュニア・チームからSBKデビューを果たしたマイケル・ルーベン・リナルディは、レース中盤までトップグループで走行していたが、最終的には8位でチェッカーを受け、キャリア初のSBKポイントを獲得した。

チャズ・デイビス(Aruba.it Racing - Ducatiスーパーバイク・チーム#7) – 2位
「良いレースだった。11番グリッドからのスタートは理想的とは言えないが、2度とも良いスタートが切れた。その後も自分のペースで走行できたので、良い展開になったと思う。途中、ちょっとプッシュしてマルコ(メランドリ)とシャビ(フォレス:ドゥカティ)との差を詰めた。なかなかチャンスが見つからなかったが、最終ラップは彼らと楽しいバトルを演じることができた。今日のマシンには100パーセント満足とは言えないものの、多くを学ぶことができた。これをベースにして、明日は強気に攻めたい」

マルコ・メランドリ(Aruba.it Racing - Ducatiスーパーバイク・チーム#33) – 4位
「今日のレースは少し複雑な展開だった。序盤は一部のセクションで若干苦労させられが、最終的には速く走れるようになった。効率的にオーバーテイクできなかった。フォレスとクロスラインになる度にマシンが暴れてしまい、抑えることができなかった。最終ラップに入る直前の最終コーナーでは激しい振動が発生して、ターン1のブレーキングでミスを犯した。もっと上の順位でフィニッシュできていただけに残念だ。明日は何としても表彰台に立ちたい」

マイケル・ルーベン・リナルディ(Aruba.it Racing - Ducatiジュニア・チーム#21) – 8位
「満足できるデビュー戦だった。レース中盤までは首位グループに近いところで、ほぼ同等のタイムで周回できた。レース・ディスタンスを通じたタイヤ・マネージメントに慣れていなかったので、少しペースを落とすことになった。いずれにしても、デビュー戦で8位入賞は悪くないと思う」

マルコ・ザンベネデッティ(ドゥカティ・コルセ・オントラック・テクニカル・コーディネーター)
「厳しいレースだったが、ふたりとも最後まで勝利を狙えるポジションにいた。チャズは、スーパーポールのクラッシュがハンディになった。マルコは、ターン1でアウトに膨らんだ後に回復する手段がなかった。いずれにしても、ふたりとも表彰台の頂点に立てるポテンシャルを示してくれた。レース2までにさらに進歩したい」

イベント/キャンペーン

ディーラー

アパレル